タグ: 考古学チック

やまとことば

やまとことば
やまとことば、というのをご存知ですか? 日本本来の言語だそうです。音読み訓読みの訓のあたりや形容詞などにちゃんと残っているそうです。そうして振り返ってみると今私たちが普通に使っている日本語の多くが漢字とともに大陸から来た言葉だと気づきます。る~さんのようにさらに欧米言語も混じる方も多くおられますよね。世界はひとつ!ですからこれこれでアリです。 でも日本は欧米のことを気にすることなく比較することなく自身の日本らしさを磨くほど価値が上がるような気がします。 ところで、ひらがな以前に既に音(おと)中心の文字、大和文字すらあったそうです。 ...

リトルフォレスト夏・秋

リトルフォレスト夏・秋
「コメサワーでもつくるかぁ~」(-。-;) ついこのコメサワーにあこがれ作って飲みたくなってしまう! ふと気づくと世の中、身の回り、既製品だらけ・・・・・ たぶんいつのまにかかわされているんだろうなぁ。。 つい欲しがってしまうんだろうなぁ。。 本当は必要なもの自分で作り出せる、創りだせる、 きっと時間さえも。 いつのまにか他人の価値観で生きてませんか? いつでも自分らしくありたいものです。 ジメジメした夏を生きる彼女はそれと共存しながらもさらっと生きてる。 さらっとした、またつい観てみたくなってしまう大好きな映画です。 &...

松本・古代安曇湖

松本・古代安曇湖
  松本盆地、山に囲まれた松本市と安曇野市などの平らな部分です。 ここはかつて湖だった、という説があります。古代安曇湖と呼ばれるものです。 標高600mほど付近をむすぶ巨大な湖。 縄文時代などの遺跡もそのあたりに多く分布してるそう。 こんな山奥なのに水にちなんだ地名があちらこちらにあるんです。 水も岬もないのに山際に限って蟻ケ崎とか、島々、島内、渚、海渡とか・・・ 平らな土地ってやはり水たまりと関連してるケースが顕著に感じられる。 本当に侵食だけでこんなに平らな土地ができたのだろうか?? 安曇の由来は、安曇族、九州の海賊