タグ: 暮らし

松本の蕎麦料理とたたずまい

松本の蕎麦料理とたたずまい
蕎麦懐石 滿  薄暮れに松本市の中芯から川づたいに少し歩きひっそりとたたずむ庵ののれんをくぐりました。 素朴な居場所のなかにきちんとした調度品がさりげなくお客に歓迎の意を注いでくれています。日本人に生まれてよかったとつくづく感謝したくなるような品々がちょうどよい計らいによって運ばれてきます。 日本人の素朴なものの中にある、食の豊かさと、住まいの豊かさ、を改めて実感するひとときと気づきを愉しみました。 どうしてこんなにも絶対的な品格を創るのだろう??

たしかなもの たしかなこと

たしかなもの たしかなこと
ABRTHヲタクの高校生、街で耳でフィアットだ♡!と聴き分けるらしい…!? 娘の熱望で久しぶりのマニュアルに試乗してみた、 ケモノのような生きたエンジン音とマフラーの息遣いはまさに、官能美…だ。 アバルトでは製品化する際、性能値よりも音の美しさを優先させることがある、と聞いたことが。燃費やカタログ値よりも魂を揺さぶるモノを市場に送り出す、イタリア人の志、すごく素晴らしいなぁと思ふ。 誰でもが認めやすい都合の良いモノ・コトよりも、自分自身個人が認める"確かなもの"を見分けられる大人になって欲しいなぁ。...

雨降りの日には雨を。。。

雨降りの日には雨を。。。
今年は例年になく長雨ですね。申し訳ないけど週末の地区の運動会の係がなくなってほっとしてます。 楽しみにしていた日に雨だとやはりゲッソリしてしまいます。 もともと嫌いでないですが、近頃は雨降りの日はより落ち着く日になりました。 湯船につかって窓を少し開けて雨音を聴くのもあぁ~いいなぁと思ってしまうし、ベッドに横たわってやはり窓を少し開けて、たった雨音だけのBGMを聴きながら、あぁ~雨だなぁ、、と。 地面や川や草木や森は雨が降ると安心して受け入れている声が聞こえてくる気がするし 特に森は雨が降っているときに一番潤っていて一体感があっ...

やさしくて、やさしくて。

やさしくて、やさしくて。
相手のために、相手の気持ちになって行動したことは喜ばれます。 その一方、親切のつもり…があまり伝わらないこともあります。 おもいやり? やさしさ。 見かけ上のやさしさ… 何がどこが違うんだろう?と考えてみるわけです。自身でも気付かぬうちに、自分自身の価値を高めるために行動したことの差なのかな?私自身もついやってしまう。というか、ほとんどこちらだろう。汗。。 私自身を傷つけないようにとか、かっこつけるとか、自己アピール?私自身を守ってしまう。 私を見て!の状態、もう完全に私が主役、相手は脇役ですね。 なんとなくの菓子折りを持っていく、と...

やまとことば

やまとことば
やまとことば、というのをご存知ですか? 日本本来の言語だそうです。音読み訓読みの訓のあたりや形容詞などにちゃんと残っているそうです。そうして振り返ってみると今私たちが普通に使っている日本語の多くが漢字とともに大陸から来た言葉だと気づきます。る~さんのようにさらに欧米言語も混じる方も多くおられますよね。世界はひとつ!ですからこれこれでアリです。 でも日本は欧米のことを気にすることなく比較することなく自身の日本らしさを磨くほど価値が上がるような気がします。 ところで、ひらがな以前に既に音(おと)中心の文字、大和文字すらあったそうです。 ...